女優、女性芸能人

壇蜜やつれた?ガリガリに痩せた原因は結婚のストレスか?ペットロスの噂も

壇蜜やつれた?ガリガリに痩せた原因は結婚のストレスか?ペットロスの噂も

健康的な印象が魅力の、壇蜜さん。

2019年には漫画家の清野とおる(せいのとおる)さんと結婚して、順風満帆と思われていました。

ところが最近、病的なほどガリガリに痩せてやつれたと心配の声があがっています。

旦那様との新たな生活が原因なのでしょうか?

それとも、以前より噂されているペットとの別れが原因なのか?

その心配される理由について、詳しく調べてみました。

壇蜜やつれた?痩せた?画像で違いを比較

お仕事柄、ダイエットが必要になることもあると思います。

ですが、今回は痩せたというのを通り越して、やつれてしまったというから心配です。

実際どのくらい痩せてしまったのか、3年前と最近の画像で見比べてみました。

3年前の、笑顔が素敵な壇蜜さんです。

そしてこちらが、心配されている最近の壇蜜さん。

比べてみると、あきらかに顔の柔らかな輪郭が、ガリガリに変わってしまったように見えます。

首元も細くなったようです。これは心配ですね。

しかも、昨年末には収録中に貧血を起こして、倒れかけてしまったそうです。

プロ意識の高い壇蜜さんの体調不良となると、やはり、何かしら精神的な影響が考えられますね。

壇蜜ガリガリにやつれた原因は結婚のストレスって本当?

壇蜜ガリガリにやつれた原因は結婚のストレスって本当?

やつれた原因のひとつに、結婚が原因ではないかと言われています。

おふたりは、別居婚というかたちで暮らしています。

そのため、離れているがゆえの寂しさや不安から、ストレスを感じているのではないか?と考えられていました。

ところが、調べてみると、結婚自体がストレスというよりも、実は世間から
”家族はひとつ屋根の下”という価値観で、常に判断され続けていること。

別居婚というスタイルを理解してもらえないこと。にストレスを感じているようです。

壇蜜の旦那って誰?別居婚で子供なしでほとんど1人暮らし状態?

2019年に結婚したお相手は、漫画家の清野とおる(せいのとおる)さん。1980年生まれの漫画家で、ドラマ化された作品もある”稼げる漫画家”です。

そんな清野さんとの出会いは、2017年バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)

当初は、壇蜜さんが好意を持っていたものの、清野さんは警戒していたそうです。
そのため、壇蜜さんが「時間をかけて落とした。」というほどの惚れ込みようでした。

”国民の愛人”とも言われる壇蜜さんに、一途に想われるなんて羨ましいですね!
実際に交際に発展してからは、3カ月で入籍するスピード婚をされています。

そして壇蜜さんたちの別居婚は、週の半分は一緒に暮らすというスタイル。

「自分ひとりでも生きられる自信がついたから誰かと一緒にいられるようになった。」そのタイミングに、清野さんから「別居婚にしよう」と言ってくれたことで結婚に踏み切れた。と壇蜜さんは話しています。

つまり、自立した大人同士のベストなかたちの選択をした事になります。
今のところ、お子さんはいらっしゃいません。

壇蜜がやつれた本当の原因はペットロス?精神的に大丈夫?

ペット引用:https://ameblo.jp/sizuka-ryu/image-12598644176-14762312439.html

壇蜜さんは、ナマズ・猫・インコ・ヘビなど、沢山の動物と暮らしています。

今回のペットロスの原因といわれているのは、なまけものの「浜平」。ネーミングが何とも個性的で壇蜜さんらしいですね。

なまけものは、本来30年程の寿命があるとされているのに、「浜平」は3年で亡くなってしまいました。それによって自分を責めてしまったようです。

ペットたちのための空気清浄機を購入する程、ペット愛が溢れる壇蜜さん。

精神的なダメージははかり知れません。

心配の声多数・・・視聴者の意見まとめ

まとめ引用:https://www.instagram.com/p/BvWIudwnSfK/

ニュースサイトの視聴者の意見では

「先日テレビでお見かけした時に、ずいぶん痩せられたな。と思いました。壇蜜さんは普段からいろいろと感じやすい繊細な方なのだと思う。こんなご時世だし、どうか心身共に大事にして無理しないように過ごして欲しい。お大事に。」

「一人の時間が必要なのは凄く分かります。別居婚は理想だなと思いますよ。体調が良くなることを願うばかりです。この二人のスタイルで幸せであって欲しいな。」

このように体調を心配する声とともに、別居婚について共感する声が多くみられました。

裏表がない性格が人気で、女性にもファンが多い壇蜜さん。一日も早く元気になってほしいです。

そして、これからの時代の、新しい結婚のかたちを実現させていってもらいたいと思います。